【借金減額シミュレーション】無料で借金の相談ができる法律事務所

お金の心配、不安は心身の異常不調を引き起こします。

今現在、手持ちのお金がないだけでなく、近いうちでもお金が入ってくる見込みや収入が増える手立てがない、近々また返済や支払いがあり、苦しい状況にあるという方も多いと思います。

当サイトでは「借金問題・ローン支払い問題を無料で相談できる法律事務所」を活用することで早めに借金・ローンの不安を解消していくことをオススメしています。

ミホ
私の親も債務整理を弁護士事務所に依頼して借金問題を2回・・・解決しました。

現実的に借金やローンを払えない場合に、法律の力で穏便な解決に導ける「債務整理」を活用できる方法についてまとめていきますので、是非ご参考にされてください。

 

現実的に払えない場合には「債務整理」を考える


借金の返済減額交渉、自己破産など現在、各種支払いや多重債務、ローン返済が厳しい方に、債務整理を中心にした借金返済方法、債務解決方法は一般的です。

今現在、借金の返済や債権者からの取立て依頼などで自分や家族にストレスや負担を与えている方はまず何をする必要があるのでしょうか!?

それは、まず何よりも「取立てや催促、督促を一旦中止させる」ことです。

債務整理の手続きに入ると督促や催促等をストップすることができます。

更に手続きが進むと、返済がラクになり、家計に余裕が生まれることでストレスもなくなります。
新しい借金、ローンの借り入れ等がしにくくはなりますが、新しい人生の再生、復活に進む時間を十分確保できます。

東京ミネルヴァ法律事務所

>> 借金問題、債務整理の相談無料&初期費用0円の法律事務所探しはこちら

多重債務などの返済で毎月の家計が苦しく破綻寸前という方の多くが、法律事務所からのアドバイスや債務整理(特にライトな方法でもある任意整理)を行い、借金やローンが払えないという状況から脱しています。

債務整理(ほとんどは任意整理になると思われますが)をお願いする場合は、一日でも早く手続きに入ったほうが、現実的にお得になります。

なぜ、一日でも早い債務整理がよいのかというと、それは上記していますが、債務整理に入ると取り立てや催促がなくなるので、心身ともにラクになるという目に見えないメリット面だけでなく、お金の問題を現実的に解決していけるという具体的なアクションも始まるので、支払いが苦しいという状況も解決の道筋が見えるからです。

自己破産後に待っている現実


どうしようもないほどに深みにハマっているお金の問題を自分で解決しようとすると、いつまでも借金返済に悩まされて家族も巻き込みます。

貴方や家族の素敵な人生を有意義に過ごすために、早めの借金問題解決に動きましょう。

多くの方の場合、お金が払えない、支払いができないからすぐに自己破産。。。

という甚大なダメージを受けることはありませんが、別な借金返済だったり、多重債務、住宅ローンの返済滞納が重なった場合は債務整理、任意整理、自己破産を含めて想定をしておかなければいけません。

債務整理の一つである自己破産をする場合、借金を返済せずにすべてが片付いてしまう一方、デメリットも多くあります。

自己破産によるデメリット

自己破産をしても戸籍に破産者であることが記載されるわけではありませんし、年金受給権や選挙権がなくなるわけではありません。

しかしながら、働ける場所や職業が制限されたり、お金の借入が7年間制限されたりと、不具合が多々でてきます。なにより自己破産をしてしまったという負い目や周囲の目、親戚縁者の視線などが結構きついです。

特に、自己破産になった場合、下記のようなデメリットが実際にあります。

・ブラックリスト(信用情報)に記載されるため、借入が7年間できない
・(破産者の)住所氏名が、「官報」という国が発行する機関紙に掲載されてしまう
・保険の外交員、警備会社の警備員など一部就けない職業がある(破産開始決定を受けてから、免責決定を受けるまでの間)

簡単に借金や支払いが払えない⇒自己破産、すべて借金チャラ!ということで考えないほうがよさそうです。

実際はライトな債務整理の中の任意整理がほとんど

債務整理は(任意整理、特定調停、民事再生、自己破産)とありますが、すべての方が債務整理をする必要はありません。

債務整理の中でも一番軽めの対応が任意整理ですが、この任意整理をする間でもなく、支払いの延長や減額等で対応できる場合もありますので、上記の心配はとりあえず無用です。

ですが、本格的に債務整理をする場合、ほとんどはもっともライトな方法である「任意整理」で完結します。借金の総額と、毎月の返済額を減額できる手続きのことを「任意整理」といいます。

任意整理の手続き内容

具体的な任意整理の手続き内容はコチラになります。

・取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利(15~20%)に金利を引き下げて再計算(引き直し計算)。
・そのことにより、借金を減額した上で、原則として金利をカット。
・元本のみを3年程度の分割で返済する内容の和解を貸金業者と結ぶ。
・その後、和解内容に従い、返済を続けることで借金を整理。

任意整理は引き直し計算や金利カットなどで、そのまま返済を続ける場合に比べて実際に返済する金額を減額することができるという特徴があります。引きなおし計算により、減額された元本のみを分割して返済していくことになるため、将来の金利や遅延損害金を返済する必要がなくなるからです。また、月々の返済額も、日常生活に支障がでない範囲に減額することも可能です。

債務整理にも色々とありますが、再生期間も短く、借金返済もラクになる任意整理で完結するためには、やはりプロの法律家に依頼するのが一番早くてラクです。

>> 借金問題、債務整理の相談無料&初期費用0円の法律事務所はこちら

債務整理にかかる支払い費用はいくらくらい?


債務整理で借金や債務、支払いのお金の整理等を依頼する場合には法律事務所に費用をお支払いする必要があります。

こちらでは大枠の全国平均支払い費用をご紹介します。法律事務所や弁護士、司法書士によって違いますが、ざっくりと支払額を把握しておくと安心だと思いますので、ご紹介いたします。

任意整理の場合の支払い費用
着手金:1社につき5万円前後
成功報酬:減額された金額の10~20%

民事再生の場合の支払い費用
着手金:40万円前後
成功報酬:減額された金額の10~20%

自己破産の場合の支払い費用
着手金:40万円前後
(裁判所費用別途必要)

債務整理の中でも最もポピュラーでライトな任意整理の場合、着手金無料という法律事務所も多くあります。また、当初の相談に関しては無料で相談にのってくれる法律事務所が多いので、その際に費用面も確認してみてください。

弁護士・司法書士を選ぶ、大切なポイント


債務整理の経験と実績の豊富さ
債務整理に強いかどうかは、これまでに解決した実績が一つの目安となります。
「法のプロ」からしてみると、債務整理は手続き等、難しいものではないといえますが、金融業者の言いなりになってしまった和解では、依頼する側(債務者)としてはたまったものではありません

費用の明確さ
弁護士や司法書士に依頼すると、当然のことながら「費用」がかかります。
債務(借金)に困って債務整理したいところ、費用(お金)がかかるのは困る…と、躊躇する方々もいるといいます。

最近では費用を安く、そして明確に提示する弁護士事務所や司法書士事務所が増えています。「債務整理の手続が終わってみなければ費用がわからない」「債務整理が終わったら、弁護士事務所や司法書士事務所に思ってもいなかった新たな借金ができてしまった」ということでは、納得もできませんし、依頼者にとっては話になりません。事前に、費用が明確になっているかどうか、重要なポイントになります。

質問・疑問に丁寧な回答があるか
不安いっぱいで、弁護士や司法書士に相談にいくわけですから、わからないことや不安な気持ちはいっぱいだと思います。そんな心配事や悩みを親身になって聞き、質問や疑問にわかりやすく丁寧に答えてくれる弁護士・司法書士を選ぶことが大切になってきます。弁護士も司法書士も法律のプロですから、どうしたら依頼者(債務者)の求めていることを実現できるかを真剣に考えていただかなくてはなりません。

どういう方法が最も有利で、時間や費用が最低限に抑えられるか、最適な解決方法を提案してくれる弁護士・司法書士を選ぶことが大切です。

実際に債務整理をお願いする場合は、直接弁護士などと対面しなくても、債務整理してもらえる場合も多いです。

必ずしも直接面談して手続きをするめることがもっともよいということはありません。対面の場合は費用もそれだけ発生しますし、時間や労力も必要となります。

実際に対面で話する、ネットや電話でやり取りをするという場合でも、そのやり取りに誠実さと真摯さがあれば、債務整理の場合、特に最もライトな任意整理の場合は充分対応してもらえます。

無料で相談できる法律事務所に頼る


厳しい返済が続くキャッシングや消費者金融のローン、借り入れ返済は過払い金支払い請求の可能性に加えて、債務整理(任意整理、特定調停、民事再生、自己破産)で借金の減額、放棄などを検討し考える必要があります。

また、実際に手続きを進めると各種書類の提出や準備などで忙殺され、仕事どころではありません。

債務整理類の手続きを個人がするには限界がありますので、当サイトでは法律事務所を利用して対応することをオススメしています。
(価格的にも時間的にも法律事務所のほうがお得です。)

基本的には相談は無料、事務所によっては着手金も無料の場合があります。※各事務所で違いますが、初回の相談は無料の法律事務所が多いです。(特にネットで依頼する場合は)

とにかく、じっと待っていても、いろいろと悩んだり、落ち込んでいても借金問題は解決しませんし、支払いも待ってはくれません。

一時も早く、今後の対策を相談し、ベストな解決方法を教えてもらいましょう。

法律事務所での債務整理は、依頼する方の将来を新しいものにするための手続きです。きっと、愛する家族を守るため、今の現状を変えて新しい道へ進もうと頑張ろうとしている貴方の力添えをしてもらえるはずです。

今の自分でコントロールできないことに悩んだり苦しんだりしても、更にお金の支払いの心配や不安が増えるだけです。

ご自分でコントロールできることは、お金の支払いや払えない状況をどう整理し、解決の道筋を決めて、行動することです。その具体的なお金が払えないという状況の解決はプロにお願いするのが最も早い方法だと思います。

まず、できることからスタートして行動してみることで、きっと今の悩みも少しずつ解決していくはずです。

初回相談は無料の場合がほとんどなのですから、遠慮せずに思いきってどんどん相談をしてみるのもよいかと思います。

まとめ

借金やお金の支払い問題の解決は1日スタートが早ければ、1日その分だけ早く手続きも完了します。

「早く借金やお金の問題を片付けたい」「どうしてよいかわからない」「返済が困難」「お金のことで何もかも手につかない」と少しでも感じていたら、まず、無料相談などができる法律事務所へ相談しましょう。

【必見】借金解決方法が相談無料です

ミホ
借金の解決は債務整理がもっとも安心です。督促などがなくなり、かつ、きちんとした返済計画をたててもらい、親の借金を解決してもらいました。


↓24時間365日無料の借金減額想定シュミレーション診断サービス
東京ミネルヴァ法律事務所
>> 無料の借金減額診断テスト&借金のプロ法律家への相談をしたい方はコチラ!

ちなみに、お住まい近くの法律事務所や知人を通じて紹介されている法律事務所が、貴方のお金の問題に詳しいかどうかははっきりいってわかりません。弁護士や法律事務所にも得意分野、不得意分野があります。

近くに法律事務所があるから、知っている人だから、知り合いの紹介だからと安易に依頼をするよりも、まずは当サイトで紹介している借金やお金の問題に強い法律事務所、弁護士事務所、司法書士事務所を活用してみてください。

債務整理には任意整理、特定調停、民事再生、自己破産)がありますが、とにかく、現状で借金返済、ローン返済の督促や催促等をやめさせたい場合はプロの法律家の力を借りるのが一番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です