スマホ乗り換えの解約金、違約金が払えない場合の対応方法。格安スマホへの乗り換えなら後々、お得になります。

ミホ
ドコモ、au、ソフトバンクなどの三大キャリアから格安スマホに乗り換える方が増えています。

月額が5,000円~1万円くらいの節約になる上、通信状況や速度に支障がないという方が多いので、家族全員で格安スマホに乗り換える方が多いのですよね。

ですが、つい勢いで家族全員で格安スマホに一気に乗り換えてしまい、乗り換え元のキャリアに10万円以上の解約金や違約金、スマホ本体の購入店舗金額を一括で支払わないといけなくなったという事例も発生しています。

一度乗り換えの手続きを進めると、もう乗り換え元には戻れませんので、解約金、違約金、スマホ端末本体の残額分がトータルでいくらくらいになるのか?を確認して、格安スマホへの乗り換えを行いましょう。

スポンサーリンク



スマホ解約金が払えない場合は督促等の請求


ちなみに、解約金、違約金、スマホ端末の本体残額分が払えない場合、督促等の請求があります。

そのまま滞納を続けると、最終的には法的手段で滞納分を請求されますので、スマホ乗り換えの際はしっかりと解約金、違約金、スマホ本体の残高分を払うようにしましょう。

こちらでは、スマホの解約金、違約金が払えない場合の対応方法をまとめています。

スマホの解約金は必ず一括で支払う契約す。殆どの場合は、店舗でその場で支払うか、クレジットカード払いで一括で引き落とされます。

スマホの解約金、違約金が払えない場合の対応方法

具体的に、スマホの解約金、違約金、スマホ端末の本体残高が払えない場合はこちらを参考にされてください。

お金を借りる

解約金、違約金は一括で請求されます。

クレジットカードの場合でも一括で引き落とされますので、一括支払い分を銀行口座に入れておきましょう。

ですので、この支払い分が確保できないなら、借り入れをするなどで支払いをしないといけません。もし親兄弟、友人、知人に借りれるなら借りて一括で支払う必要があります。

キャッシング等の短期借り入れで払う

解約金、違約金は一括支払いですので、どうしてもまとまったお金が必要になります。
どうしてもお金を工面できない場合は、キャッシング等での借り入れが便利です。

短期での返済であれば金利も安くなりますので、もしも現時点で解約金等を払えない・・・という場合にキャッシングでの借り入れを活用してください。

スポンサーリンク



他のローン返済等が支払えない場合

格安スマホに乗り換えて家計を節約しようと思っても、解約金が払えない、それ以上にその他のローンや借金の返済が滞っているという場合は、一度、借り入れている借金や支払うべきローンを整理する必要があると思われます。

格安スマホに乗り換えて節約をするという判断は間違っていませんが、節約以前に、まず家計を苦しめている借金やローンの返済を整理するとことろからスタートする必要があると考えたら、まず債務整理を視野に入れて、早めに家計防衛を考えましょう。

債務整理は無料で相談できる法律事務所や弁護士事務所もあります。支払いのことが不安、心配なら一度相談してみることをおすすめします。

2年目の更新月以外なら解約金が必要になる


スマホの乗り換えのタイミングは2年縛りが満了になる解約月のみ解約金や違約金が無料で乗り換えることができます。MNP手数料等は負担になります。

個人個人で乗り換える場合ならこの2年縛りが完了する月に乗り換えることができますが、家族全員で乗り換える等の場合は、それぞれが違う月でスマホの契約をしていると、バラバラの解約月となり、解約金が多額に必要になる場合があります。

ですので、家族全員で一括で乗り換えるという場合は、解約金をしっかり把握して乗り換えるようにする方がお得です。

スマホの乗り換えは手間ですから、一気にやってしまいたいところですけど、焦って高い解約金を払ってももったいないので、乗り換えのタイミングをよく考えておくとよいですね。

スポンサーリンク



まとめ

スマホの解約金、違約金、端末本体の残額は一括支払いが原則です。

ドコモ、au、ソフトバンクでは殆どの場合、2年縛りでの契約ですので、契約の更新月以外での解約や他のスマホ会社への乗り換えでは解約金が多額に必要となります。

そのような契約がよいか悪いかは別にして、現時点でその契約を締結している以上、乗り換えや解約のときはその契約を履行しなければなりません。

ですので、格安スマホに乗り換える際は、2年縛りの更新月で解約金の必要のないタイミングで乗り換える、または格安スマホなどに乗り換えても短期間で解約金を払ってもメリットがあるような時期を選んで乗り換えをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です