ネットワークビジネスを解約してお金を取り戻したいという場合の対応方法

こちらではネットワークビジネスで騙された、詐欺にあったという場合にお金を取り戻す方法をまとめています。

ヒロシ
私自身が、がっつり払ってます(;´Д`)ネットワークビジネスは、自分自身が深く納得してからスタートしましょう。

スポンサーリンク


ネットワークビジネスは厳選して選ぶのが大事

不労所得や老後の経済的不安の解消のためにネットワークビジネスを始める方が増えています。

ネットワークビジネスと呼ばれるものには健康食品、美容製品、ビジネス権利、ゴルフ会員権、温泉源泉権利、未公開株情報、原油発掘件、海外不動産投資、アプリゲームの共同開発などなどたくさんありますね。

中には詐欺まがいのビジネスも多く、加盟に関わるお金を高額で支払っても一円も返ってこないどころから、信用できる親兄弟、友人を誘い込んで迷惑をかけてしまう場合もあります。

このようなネットワークビジネスに支払ったお金を取り戻すことはできない場合がほとんどです。

クーリングオフ等が適用され、誠実に実行する場合は取り戻すことができるかもしれませんが、ほとんどのネットワークビジネスの場合、払ったお金がもとにもどってくることはありません。

正直なところ、ネットワークビジネスを解約してお金を取り戻したい場合は、クーリングオフの期間以外ではほぼ不可能と考え、高い勉強代を支払ったけど、一度経験したから、もう騙されない、きちんと納得してネットワークビジネスを始める、という教訓料として前向きに捉えるということで落ち着かせるしかありません。

スポンサーリンク



信用できない人からの安易な儲け話には絶対に乗らない


ネットワークビジネスって大体はあまり仲の良くない知人、最近知り合いになった人などから紹介される場合が多いです。

急に新しく知り合った人からのビジネス話、儲け話、簡単に稼げるノウハウ等は、ほとんどが利益にならないということを教訓にしておきましょう。

スポンサーリンク



安心したがるヤツはカモになる

将来が不安だ、老後が不安だ、今の給料が下がってしまって家計が心配だ・・・という不安や恐れを的確に狙ってくるのがネットワークビジネスをしている人たちです。

将来の日本のこと、病気にかかる確率、子供や家族の病気や疾病などなど、不安にするようなネタをどんどんどん持ち込んで心配と不安を駆り立てます。

心配や不安が増すほど、安心感を得たがるのが人間の弱いところ・・・。

不安を煽るビジネスはテレビも新聞でもよくやる方法ということを覚えておきましょう。

安心感を狙って詐欺師や怪しいネットワークビジネスの人たちはやってきます。

特に老後の安心のため、給与ダウンのめの副業として毎月入ってくるお金をラクして手に入れたいと思う人に限って、大事に貯金してきたお金を騙される傾向にありますので、注意が必要です。

最近では仮想通貨のICOなどが多い


今は未公開株の上場ビジネスへの投資や、大型レジャーパークなどの施設投資などに加えて、新手の仮想通貨購入情報やビジネスオーナー指南、開業情報のネットワークビジネスが増えています。

結局のところ、ラクして稼ぐ、個人的にこっそりと儲かる可能性のある情報が手に入る、知り合い程度のレベルのお付き合いの人がいきなり現れてビジネスの情報を教えてくれる・・・などなどは、ほとんどが怪しいネットワークビジネス、詐欺系のビジネスです。

親切に儲け話を持ってくる人はいない

あなたに不労所得のビジネス、儲け話を持ってくる人はだいたいが自分の利益を狙って話をしてきます。
親切にあなたの貯金や不労所得を増やしてくれる人はこの世に存在しません。

おそらく、

そのような人はあとになって「あなたも同じ穴のムジナ、スケベ根性でお金出してるよね」という人です。

よい人の仮面を被っている人は所詮偽物なわけです。

ほんとにあなたのことを考えている人なら「そんな簡単に不労所得や儲ける話を持ってくる人を信じないほうがいいよ。」と言ってくれるはずです。

クーリングオフ以外でお金を取り戻すことはできない

ネットワークビジネスでの不労所得等に期待して払ったお金はクーリングオフ以外の方法では取り戻すことはできません。

ですので、クーリングオフ期間を過ぎてしまった場合はよい勉強をした、もう騙されることはないということを学んだということで、すっぱり諦めるのがもっともよいです。

たまに集団訴訟等もありますが、あまりに悪質な詐欺等の場合は、まず消費者庁への届け出をしておきましょう。消費者法への届け出はネットワークビジネス団体にとってはかなりの痛手となります。

消費者庁・申出・問合せ窓口

http://www.caa.go.jp/policies/application/inquiry/

消費生活についての相談は、お近くの消費生活センター又は消費者ホットライン(188番)で電話で相談できます。
また、各種問題の最新情報もこちらからわかります。

こちらはネットワークビジネス、詐欺トラブルの事例紹介ページです。
http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/multi.html

私自身がっつりいかれてます。


・アメリカの原油採掘に関わる権利のお金(150万くらい)
・ゲーム開発オーナー権(300万くらい)
・某大手健康食品ネットワーク(30万くらい)
・某大手美容機器ネットワーク(30万くらい)
・アプリゲームオーナー権(60万くらい)
・某ビジネス塾(合計で200万くらい)

ヒロシ
↑かなり、やっちゃってます(;´Д`)
これもお金の不安が根底にある証拠ですね。。

大体、600万~700万円くらいの高い勉強代を払っています。それもこれも、少し本業やビジネスでうまくいき、本業に精を出すのを忘れ、ラクして稼ぎたいと考えていたり、家庭で色々なことがあり将来に不安な面がでていた時期です。

何故かこういう時期に、あまり仲の良くない人が現れて不労所得のことや、できるだけ動かない働かないで収入が増えていくというシステムの話がでてきます。

このお金で自分の本業の役に立つ「生きたお金の使い方」はできたはずです。また、詐欺まがいにお金を払うくらいなら、恵まれない国の子供や、困っている人の募金等にも使えたはずです。

不安や恐れからラクな方向に逃げようとした結果、頑張って貯めたお金を完全に無駄にしています(;´Д`)

自分の中にある不安や恐れ、心配は、必ず「隙」をうみます。この「隙」をお金、恋愛、暴飲暴食など色々な形で不安や心配の代償に埋めようとします。

ですので、自分の弱さを知っておくことで、怪しいネットワークビジネスだったり、ビジネス詐欺を防ぐことができます。私自身、高い授業料を払いましたが、今後は多分もう騙されることはないと思ってます。

また騙されたら、ここの記事に追加をしておきますw

スポンサーリンク



まとめ

ネットワークビジネスを含む詐欺案件に払ったお金を解約したい、返してほしいという場合、クーリングオフ以外の方法で返ってくることはほとんどありません。

高いお金を払って一生分の勉強をした・・・・。

もう同じようなミスはしないと心に決めた上で、何故自分はあのような口車に乗ってしまったのだろうと、深く自分を分析し、反省することが大事です。しっかりと分析し、改善しなければ、必ず同じミスをするからです。

その「隙」はあなた自身の「弱点」であることを常に意識しておきましょう。

ヒロシ
すごく難しいですが、騙されない、足元をすくわれないコツは、不安に惑わされる自分がいることを認めて、「どんなことがおきても大丈夫!」という自分自身を愛する事が大事なんだと気が付きました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です